LCCを利用するデメリット

空と水平線

LCCを利用するデメリット

みなさんはLCCを利用したことはありますか?
LCCは魅力的な格安航空券を提供していることで知られていますが、デメリットもあります。
そのため、利用する前にデメリットの確認も忘れないでください。

欠航した際の保証問題

LCCのデメリットですが、まず欠航した際の保証問題があります。
JALやANAと言った大手の航空会社では、航空機が故障した場合、他社の便への振替を行ってくれます。
また、当日宿泊できるホテル、食事などの手配もしてくれます。
これらの費用は航空会社側が負担してくれますので、利用者も安心できるでしょう。
これに対しLCCでは、大手航空会社のような対応はまずありません。
その欠航の原因が自社都合など会社側にあった場合であっても、ホテルや食事の手配はしてくれません。
そのためフライトがキャンセルになった際は、それぞれで対処する必要があります。

航空機の遅延が多い

LCCを利用するデメリットとしては、この遅延も頭に入れておく必要があります。
格安航空会社では、自社の航空機を可能な限り効率良く運航するのが目的であり、飛行機を有効利用することが航空会社のビジネス戦略の1つにもなっているのです。
そのため故障などが発生してしまうと、後続便に大きな影響が及ぶことが多いです。
LCCの中には遅延が多いところもありますので、利用する際は情報をしっかり把握しておくことが大切です。

預ける荷物が有料です

重量オーバーの表示
格安航空会社では、荷物が有料のところが多いです。
そのためフライト当日に荷物が発生してしまうと、料金を請求されることがありますので注意する必要があります。
また、LCCの中には、預け荷物をオプションで用意しているところもあります。
この場合は、チケットを予約する際に一緒に申し込みすることになります。
フライト当日に追加料金を支払って預けることもできますが、通常と比べて高額料金を請求される場合もあるようです。
このように荷物が有料になっているところが多いので、せっかくメリットで有る安い、と言う点で購入したのですから荷物が多い方は前もって確認しておきましょう。
できるだけ予約の際に購入するのがオススメです。
その他、機内に持ち込む手荷物についても重量などに制限がある場合がありますので、しっかりチェックしておいてください。

デメリットを確認しておきましょう。

格安航空券など、様々なサービスを提供しているのがLCCです。
格安航空会社は利用するメリットは多いですが、反面デメリットもありますので注意する必要があります。
どのようなデメリットがあるのか、一度確認しておくといいでしょう。

≪ 前の記事:
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 格安航空券を利用する際に、いくつか心得ておくべきこと All Rights Reserved.